• Blog
  • Contact

HOME > 店舗紹介

店舗紹介

店舗名 Bar De Vinos(バル デ ビノス)
住所 神奈川県横浜市神奈川区台町1-4 ライオンズマンション第2-1F
電話番号 045-314-0522
アクセス ・JR東海道本線 横浜駅 徒歩7分
・京急本線 神奈川駅 徒歩2分
・横浜駅北西口より徒歩7分
営業時間 月~木 / 17:00~25:00
金 / 11:30~25:00
土 / 15:00~25:00
日 / 15:00~23:00
クレジットカード UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン
キャパシティ 20人(宴会・パーティー時 立席:25人 着席:20人)
駐車場 なし

Perfil del Chef
シェフ紹介

野中 万里夫
Mario Nonaka

修業した店 つばめグリル・レグリーズ鎌倉・CASA DEL GUAPO・ワインカフェ
星座 双子座
血液型 残念ながらB型
趣味 料理・映画・漫画・音楽・ワイン
好きな食物 ハンバーグ・ピザ・ステーキ
好きな飲物 ビール『スペイン産のmahou』・ワイン『好きな品種、白ならヴェルデホならテンプラリーニョ』・シェリー
大切にしている事 みんなが楽しく幸せになれる事、人。
お酒もやっぱり人が大切。
料理も食材探しから大切にしてます。
まだまだ探求中!

Nacimiento
- 誕生 -

1983年6月21日フランス パリに産まれる。
日本人の父とイランの母とのハーフで産まれた時から食べることは大好きだったようで、やわらかく煮た芋など大量に食べる食い意地の張った子供だったという。

その後1歳でスペインにわたり、2歳でアルジェリアに渡る。
私の記憶が正しければ夕食でただゆでただけの海老が殻ごと出てきたことを覚えている。
その新鮮さと旨さは今でもはっきりと脳に焼き付いており、食べ物に関して貪欲になったのは言うまでもない。
その後日本に渡り横浜、保土ヶ谷で育つ 。

Brote
- 目覚 -

15歳の時に通信制の高校に通い、それに伴いアルバイトを始めた。
もちろん食い意地の張った自分は飲食店のまかないを狙い飲食店の仕事に就く。
しかし、とんでもない厳しい世界で、15歳ながら世の中ってこんなに厳しかったのかと思い知らさせた。
そんななかでも「美味しかった!」や「ごちそうさま!」のお言葉を頂くと、とてつもなく気持ちの良い気分になった。

高校を卒業し、1年間浪人になった。
深々と将来のことを考えどうしたら「気持ちの良い人生」を送れるか、真剣に悩んだ結果として、飲食店をやりたいという気持ちから調理学校に通うことになった。
アルバイトを三つ掛け持ちしながら日々精進した学校生活。
いろいろな経験を積ませていただき学校を卒業。

Decisión
- 決心 -

初めての入社はつばめグリル。
料理人として6年間下積みを重ねた。

ある程度役職が付いた時にふと我に返る。
お客様に「いらっしゃいませ!」と「ありがとうございました!」しか言っていない自分にどういう思いでお客様が召し上がったのか?なぜ料理を残したのか?楽しかったのか?いろいろ頭をめぐりさみしさを感じた。
自分自身この時に独立をしようと決心した。

Discipulando
- 修業 -


まずは個人店に場所を移し、鎌倉のビストロで働き始める。
もちろんつばめグリルしか知らない自分はビ ストロのお店にとって使い物にならない人材であった。
そんな中でもお客様との距離の近さに楽しさを覚え、もっとお客様と距離の近い仕事をしたいと考えたときスペインバルを勧められた。
自分自身でスペインバルを探し池袋にあるスペインバルで働くことになる。

勧められた通り、お客様との距離は近かった。
目の前で食事とワインを楽しむお客様にどんな感想か聞ける幸せとそのお客様の人生の時間をお店で使っていただける幸せさ。
楽しくて楽しくて仕方なかった。
もちろん料理も。
そのスペインバルで店長業務をやらせていただき経営という部分ですごく勉強させていただいた。
しかし、横浜に戻らなくてはならない事情ができ退職。
悔しくて涙が出た。

その気持ちを引きづったままワインカフェという大森にあるワインバーで働いた。
この時、ワインについて深く勉強させていただくこととなる。
いろいろな方々のご指導ご鞭撻を頂き成長していったと自分では思っている。

Independencia
- 独立 -

そんな中ひょんなことからある物件を見つける。
横浜で独立をしたいと強く思っていた自分にとっては絶好のチャンスであった。
やると決めたその日からのスタートはあっという間であった。

いろいろな方々のお力添えで今の店をスタートさせたことは自分にとってどれだけ幸せなことか・・・。
その気持ちを噛みしめながら日々全力で「バルデビノス」を営業しています。